「家計らぼ」カテゴリーアーカイブ

2020第1回 家計らぼ 始動!

4ヶ月ぶりの家計らぼを7/3(金)に開催しました。

メンバーさんとは、ライングループでのやり取りが続いていましたが、ひさしぶりの対面。みんな満面の笑顔。やっぱり、会えるっていいですね。

まだまだ感染に注意が必要なため、お客様には様子をみてご案内を出すことにして、会員のみでの開催となりました。

ホールを開け放して、手洗いをして入室、いつもの手作りおやつの提供は、残念ではありましたが見送り、今できる予防を実行しつつ、開催しようとなりました。

今年度からは、らぼ開始30分前に、自由参加のヨガのパートを入れました。

プロジェクターに美しいヨガ動画を写して、部屋は暗めにしてスタート。

静か〜なヒーリングミュージックをBGMに、カラダも気持ちもゆるめました。 そのまま、30分くらいお昼寝したかったですね。
(一部、足がつったのお声もありましたが)

いつもと違って、気持ちも落ち着き静かなスタート。ヨガの流れで、フローリングにマットを敷き、大きな車座になって、
みなさんのステイホーム中の様子を聞きました。

・奮闘

子どもたちの先生役をこなし、3食作り、食料の調達。休む暇がなかった。
分散登校が始まると、それはそれで、変則的なスケジュールで大変だった!
幼児さんがいるので、買い物、通院はファミサポは利用してよかった!
在宅パパへのプチストレスもあった。

・気付き

外出しないから時間に追われる感覚がなくなった、
予定がないぶん自分で時間割を作ってラジオ講座など1日のリズムを作った、
リモートのデジタル環境、動画配信コンテンツなど興味が出た


・家計簿

突発的な支出や、先が見えない戸惑いなど、つけるのがしんどかった、時間があった分、記帳はスムーズだった、何があるかわからない、予備費を貯蓄していくことの大切さを痛感した、カケイプラスをやってみたなど。

その後、ビジョンボードを作ろう(前編)作り方の話をして、ボードを配りました。

自分自身の叶えたい夢を想起させるもの(写真や雑誌の切り抜き)をボードにコラージュして、目に見えるところに置いておこう、というもの。

わたしたちは、将来こうありたいという姿を漠然とはイメージしていますが、それが叶うかは半信半疑です。

ビジュアルで見えるようにして、毎日視覚的に刷り込みをするためのものです。今の自分の限りある資源(時間、お金、体力、気力)をどのように配分したら、願いは叶うでしょうか?(願いというと大げさですが、日々の幸福感をアップさせることやものでよいとおもうのです。)


家計管理は夢を叶えるための道具の1つなので、わくわくしながら夢を叶えるために取り組んで欲しいなと思いました。夢を実現させた自分自身をうっとりとイメージしながら、作ってみてください。

ちなみに、願いは8個がベストとの説もありました。

次回もやりますので、欠席の方もご安心を!ざっくりですが、今日の内容でした。

久しぶりのらぼでしたが、メンバーさんのいつもの温かな空気も変わらずで、みなが温かいから、悩みも困り感も素直に話せるのだなーと思い、元気をもらって帰ってきました!
ありがとうございました。

さてさて、次回の家計らぼですが、小学校の給食があるうちにということで、
7/30㈭
または7/31㈮
のいずれかを予定しております。
決定次第、連絡します。次回もお会いできることを楽しみにしていまーす!

家計らぼ 2019 第1回目スタート!報告

2019/05/25 投稿

5/17(金)に、2019 家計らぼスタートしました!メンバーのみなさま、ご参加、誠にありがとうございました! 係もとってもワクワクした1日でした。 今回のワークショップは、「これって等身大支出?背伸び支出?」 仮想事例:ワンオペ育児に疲労困憊の横須賀らぼ子さんが、高級掃除ロボットを買うには、どのような家計のステップを踏めば、安心して購入に踏み切れるでしょうか? 安心するための条件は2つ。「等身大の支出であること」「家族も納得すること(いざこざしない・ためこまないで、意見がまとまること)」。    盛り上がりましたねー。「うちの場合は夫が(妻が)〜〜で〜〜(苦笑)。」「相手を説得するには、確かな根拠がないと」「そもそも、らぼ子さんちは黒字なの?」「ゆとりの資金はいくらあるんだろう」とか。 らぼ子さんはモヤっと家計の設定です。 結論としては、「この状況じゃ、掃除ロボット買ってる場合じゃない」と。 

   でも、お掃除ロボットはあきらめられても、いずれ来る子供の進学、マイホームの夢、資格の挑戦などなど、人生の選択には、大きなお金の支出がつきまとうもの。
やっぱり、お金の整理から逃げていると、願っているものをあきらめたり、曖昧な選択に後悔しそうです。  
モヤっと家計のらぼ子さんが、お金の整理をするには、夫と資産の棚卸しをして、家計の状況を話し合ったり、ライフプランをたて、それに必要なお金を見積もる、収入をはっきりとつかむ、日々の支出を家計簿につけ、家計のサイズと流れを知るなど、いくつものステップが必要です。 
果てしないように見えるけれど、大きな問題も、小さな課題に切り分けて一つずつ取り組めば、確実にスッキリ家計が仕上がってきます。
今年の家計らぼではスッキリ家計へのこの1つ1つのステップをみんなで取り組んでいきます。 
そして、今年がんばって作った良いお金の習慣は、未来の選択肢を前向きなものにしてくれると信じています。 

家計らぼ 「家計簿つけ始めました♪」報告

2018/05/30 投稿

5/25(金)家計らぼの、正式スタートとなりました!プレから引き続きの皆さま、また、今回から参加してくださった方々、ありがとうございました♪ 先月のらぼプレ開催の日から、家計簿をつけ始めて1ヶ月のお二人。どんな様子かと伺ってみると、お馴染み赤白のあの家計簿にシールがかわいく貼ってあったり、らぼの日までにはつけるぞ!と初めての費目分けに奮闘されたりと、家計簿と仲良くしてくださっているご様子(^ ^) プレでは、家計簿のつけ方を紹介したわけではなくてなりたい家計の姿、家計の目的地を聞きました。具体的な目標が見えた人は、強い!きっと家計に向き合うパワーが自然と内側からあふれてくるのでは。ご自身でガイドを読んで、しっかり記帳されていました。 日々記帳に取り組む、たまっても頑張る、記帳が苦手だと気付き、お金を使わない日を意識してつくったり、カゴに入れる前に本当に今必要か考える、など。 とても始めて1ヶ月とは思えない、取り組み方!行動にすぐに移す、しなやかさにも感動です。スタッフ一同、とっても元気をもらい、ますます、家計らぼに熱が入っちゃいます( ^ω^ ) そして、今回のテーマは、「目的別のアプローチ」。前回プレでは、メンバーみなさんの目的地を聞き合ったので、さぁ出発だーとなりました。目的地は人それぞ れ。大事にしたい価値に、気持ち良くお金を使えるように、家計の自分軸を作りましょー。  とはいえ聞いてみると、かぞくのじかん世代の私たち。関心(=不安の種)は、やはり「教育費」に集まりました。そこで、「将来に備えのある、黒字家計の作り方」についてお話。「入ってくるお金ー備えるお金=使えるお金」という式で予算を考えること、このいわゆる先取り貯金が成功するためには、自分が家計簿につけた「根拠のある数字」がとっても大切。4月、5月から記帳を始めた皆さんも、今の記帳が来年の確かな予算生活につながることをお伝えしました。 そして、恒例のお茶タイムにはKさんがレンジで作る簡単くるみゆべしを紹介してくださいました。香ばしくて、甘くて、もっちりして。美味しかったです♪それから、Sさんの「海苔サラダ」。メンバーから、その日の夕飯で出してみたら、もりもり野菜を食べたとの報告ありました♪ (ブログに写真がなくてすみません。SDカード不調でアップできず。無念です) 12:00〜13:00の会場解放では、お二人がちょうどよい食費の予算を立ててみました。友の会では、健康的な体を作るため、必要な栄養素から食費予算の目安を出すデータがあります。それを計算機でパチパチと。「え〜、びっくり(・・;)」となりました。 そして、新たに予算生活の家計簿を始めてくださった方も。来月、どんな様子か、またお話を聞くのが楽しみです。(家計簿スランプでした(ー ー;)。という方も、臆せずリフレッシュしに来てください。)  この日と同じ内容で、6/7(木)10時~家計らぼ木曜クラスがあります。金曜に、都合がつかなかった方も、新しい方もぜひどうぞ。  I 記

家計らぼのひとコマ

2018/05/11 投稿

5/10、昨日は横須賀友の会、家計らぼのお試し体験、2回目がありました。

第一木曜日は最寄の日ということもあり、友の家はキッチン、ホール、多目的室と、にぎやかに活動中。 

   家計らぼは4名のお客さまをお迎えして、スタートしました。 

すでに家計簿をつけ始めたメンバーの口から出たのは「レシートたまるっ!!けど、みんなとやっているから、続いてる

家計のこと、気になり出したら。

2018/03/14 投稿

最近お金を使い過ぎてるかな…。将来の蓄え、このままで大丈夫…。

お金の不安を感じはじめても、独力で家計簿をつけ始めるのは

なかなか難しいものです。

(かくいうわたしも雑誌の付録家計簿や、大学ノート、エクセルで挑戦しても

なかなか続かなかったくちです(⌒-⌒; )

なんとかしたいと思っているのに続かないという失敗体験で、

家計簿なんて、もうヤラナイ…となる方も多いはず。

ただ、わたしの場合、友の会で家計簿をつけ始めたら、

今のところ家計簿が7年続き、しぶしぶというより、

むしろ、「楽しい^ ^」。かなり前のめりでやってます。

ですから、家計簿が軌道にのらなかったということで、

将来の家計のことにフタをしてしまうのは

とっても 「もったいない」と思うのです。

つける労力をはるかに上回る、よい変化が生活に現れてきますから。

友の会に入ってから、予算で考える家計簿のつけ方、

つけた数字の活かし方にも基本的な考え方があることを知りました。 

もし、お金のモヤモヤを感じていたら、

暮らしのお金のこと、友の会のメンバーが使っている羽仁もと子案の家計簿の

考え方に基づいて、「家計らぼ」

同じように関心を抱いてる仲間と取り組んでみませんか?

一人だと悲壮感がただよう家計簿も´д` ;

困りごとを共有して情報交換したり、順調に記帳が進み始めた事例を聞いたり、

家計簿をつけて生活が変わってきたなどの体験談を聞いたりすると

工夫を取り入れる楽しさが生まれてきます。

4/27(金)10時〜の「家計らぼ・プレ体験(無料)」では

参加メンバーがそれぞれの家計のなりたい姿=目的地を考えてみるプログラムを予定しています(^_^)

目的地に到着するためにはどんな準備や計画が必要でしょうか?

 家計らぼは 少人数サークルで、約1年を通してワークショップ形式で

家のお金の整理整頓をしていきます。

ひたすら支出記録をつけるのではなく、

夢の実現ができるように家計簿を使いこなしていくために、

みんなで楽しみながら家計を考えるサークルです。

ご興味ある方、ぜひ、2018家計らぼのお仲間に。

申し込みはこちらまで。

お待ちしています。

*4/27 家計らぼ参加希望、お名前、連絡先TEL/アドレス、お子様連れの場合はお子さんの年齢 を問い合わせフォームで送信ください。

受付完了した旨を折って返信いたします。

 I 記