「会員のあつまり」カテゴリーアーカイブ

みそ作り講習会のご報告♪

2019/02/08 投稿

毎年恒例!

横須賀友の会 野比最寄(野比地域の会員の集まり)のみそ作り講習会が

本日、開催されました♪

会場入ると、香ばしい香り。お豆を茹でた甘い香りの他に、

こんがりとキッシュが焼きあがったこんがりチーズの香りでした!

味噌の仕込み講習のほかに、今日は大豆を使ったお料理がランチでいただけるとっても魅力的な講習会でした。

栄養豊富なゆで大豆を、手軽に食卓に。ということで、お子さんにも人気の洋風メニューの提案です。

具沢山のトマトスープには、本日仕込んだ味噌の大豆のゆで汁を使っています。

トマトの酸味をマイルドにして、栄養もうまみを足してくれる、とっても賢い、ゆで汁活用方を聞きました。おいしかったです!

やわらかく煮た大豆は、じゃがいも、ブロッコリーともしっくりなじんで、キッシュもとっても美味しかったです。(しかも、パイ生地なしの簡単キッシュ。これならできます)

そして、フォッカッチャには、練りみそを少しつけて、とのおすすめがあり、

ジャムのようにつけてみると、「合う〜!」と、お客様の声が次々上がりました。

新発見がたくさんあった試食でした!

・・・脱線しましたが、本篇のみそ作りは、毎回楽しいです。

リピーターの方の参加もありました。ご主人が「このみそ、もうないの?」とおっしゃったそうで、今年もご参加いただきました。ありがとうございます。

遠野産の無農薬大豆を使っています。

麹と塩と大豆。あとは熟成の時間。

これで、あの旨味たっぷりのみそになることが、本当にミラクル。面白いです。

この発酵の食文化を培ったご先祖様、すごいです!

参加者の方は、豆のゆで加減、つぶし具合、仕込みの時の水分、手で触り感じながら、持参された容器やジッパー付きビニール袋に収め、大事に大事にお持ち帰りになりました。

「なんだか、可愛い〜」と、お客様の声。

手間暇をかけると、こういうあたたか〜い気持ちが、じんわりと湧いてくるのが、手作りの楽しみですね。

お客様からは、梅干し作り講習会のリクエストもいただきました。

手作りをする楽しさ、確かな素材を使う安心感、季節の実りを感じる歓び。

友の会で大切にしているものを、またお客様にお伝えできたらよいな、と感じた1日でした。

野比最寄の皆様、充実した講習会をありがとうございました。

そして、今回は、横須賀市の情報サイト「子育て応援ひろばすかりぶ」からも、たくさんのお申込みをいただきました。

横須賀友の会では、すかりぶに、昨年12月に登録したばかり。

こうした情報発信を通して、サイトを見ていただいた向こう側にいらしたお客様と

楽しくつながる時間ができて、うれしい限りです。

また、講習会やおまつりの情報などアップしますので、お子さんを連れて、どうぞ友の家に遊びにいらしてください。

お待ちしています!

***追 伸***

おトクな情報 !

3/9(土)11:00〜友の家まつりでは、小学生以下のお子様連れで、

ミニ講習や五平餅作りに参加していただいたお客様に、

美味しい手作りクッキーを

先着15名さまにプレゼントいたします。

ぜひ、遊びにいらしてください☆

 I 記

百歳のお祝い☆

2018/05/15 投稿

友情部のメンバーKさんが百歳を迎えられました..:*☆。

1936年、友の会青年班(未婚の方が入られる組織)入会、

なんと、在会82年の大先輩です。

最寄に参加する事を楽しみにしておられる 元気な現役会員です。

旧友情部でも「ぜひお祝いをしたい」と、ケーキやお寿司を持ち寄って集まりました。

Kさんご自身手作りの見事なルシアンクッキーや

コーヒーゼリーもテーブルに並び、

嬉しい温かな時間を過ごしました♪

Kさんには、永年培ってこられた様々な事を、

ぜひお伝えいただきたいと思います^ – ^

友の会は先に歩む会員からの「ゆずり」を受け継ぎながら続いてきた、

そしてこれからも続いていく事を 深く感じる一時でした。

                          T記

土曜最寄が開かれました!

2017/06/28 投稿

6月24日(土)、今年度はじめての土曜最寄が開かれました。

仕事を持っている会員から、なかなか友の会の活動に参加できないとの声があり、

総リーダーの声かけで、希望に合わせ、6/24土曜の午後に集まりを持つことができました。

普段はフルタイムでお仕事をしているSさんから、

写真と感想が届いたのでアップします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日は土曜日最寄り、ありがとうございました
久しぶりにお会いできうれしかったです

久しぶりに友の家の匂いに癒され、
私の一番の目的羽仁もとこ著作集を読み、意見交換をし、
梅干し講習会もでき、
プチプチみかんゼリーもご馳走になり、

友の会のもより活動に参加できうれしかったです

本日の土曜日最寄りで、
友の家に行きたいのに平日はフルタイムで時間が合わない会員や、
最寄り人数が揃わなくて最寄り会が開けない会員の為に、
とても有意義な時間になると実感しました♪

お赤飯と多彩なおかず

2017/04/22 投稿

4月20日、長沢の友の家で南合同最寄会が開かれました。

家庭でも気軽にお赤飯を作って、

ちょっとしたお祝い膳が用意出来れば嬉しいですね

「お赤飯にあう副菜」をテーマに

みなが11種の副菜を持ち寄りました。

お赤飯をメインに「お祝い膳にあうおかずはどれかしら?」

作り方や味のバランスなどを見合いました。

昼食は味見を兼ねての試食会。

どれも美味しく、愉しい時間です。

今日出た副菜の内容は鶏肉のマーマレード煮、吉野鶏などとり料理5種、

あじや鮭のマリネ、大根と油揚げのサラダ、

ベロベロ(お出しの寒天寄せ)、筑前煮などでした。

今回に止まらず、続けて勉強していく予定です。

T記

ちらし寿司を習いました♪

2017/02/15 投稿

2月9日(木)、この日はいつもとは、趣向を変えた

お楽しみ調理実習でした♪

メンバーは子育て世代の会員6人。

そして講師は開国橋最寄の斉藤さんです。

「ちらし寿司を手作りしたことがなくて・・・」という若い世代の会員の話をきっかけに

2学期のお疲れ様をかねて、若い会員たちを誘って

斉藤さんが企画してくださいました(^^)

ひな祭りも間近に迫って、絶好のタイミングとなりました。

はじめにお花の細工の中国茶を淹れていただいて、

ほっと、体も温まったところで、実習スタートです♪

「よろしくお願いします」

この日の実習は、各自が10人前のちらし寿司の具材をつくって

持ち帰るというもの。持ち帰った具が、すぐに夕飯の献立に使えるという、

とっても有難〜い実習でした。

 一つ一つの具材の下ごしらえから、

手本を見ながら、自分たちでやってみます。

まずは味滲みに時間がかかる煮物から。

しいたけとかんぴょうを甘辛く煮ます。

かんぴょうを煮たことがない会員もいました。

「味がついたものを買っていたけど、自分でも意外と簡単!」

「ここで実習しなかったら、一生かんぴょうを煮ることなかったかも(^_^;)」の声。

つぎは、酢蓮と人参。

「人参は座りが良いように、端を少し落として下にして切ると安定するのよ」

「なるほど〜」

形を揃えれば煮上がりも美味しく美しくなります。

形が揃ってないと、同じ鍋のなかの材料でも、煮崩れてしまうものもあれば、固いものもあるというように、仕上がりが揃いません。

「形を揃えることは、料理をおいしくするために、とっても大切なこと」

と習いました。

きれいにマッチ棒の太さに揃ってます!(注:お手本の鍋です(^^;)

花レンコンも習いました。

「レンコンの穴と穴のあいだに包丁で丸く切り込みを入れるのよ。」

「かわいい〜(^^) これは子供達も喜びそう!」

「うちの子、気づくかな?」の声も (^_^;)

お手本を見て、みんなでチャレンジ。

彩りのでんぶも、鮭缶を使って今日は手作りです!

お箸4本を束ねて、炒り付けます。

ポロポロになりました。

この鮭そぼろ、とっても味が出て、ちらし寿司のおいしさを引き立てます!

まっピンクのでんぶとは、別物! ぜひ、お試しください。

青みは、三つ葉に。束ねて茹でると、あとがきれいに切り揃えられます。 

難関!錦糸卵にも挑戦!

ムラのないきれいな卵液をつくるために、さらしで濾します。

二人で息を合わせて、ねじねじ〜っ。

薄く広げて、表面が固まってきたら、ふちをはがして、菜箸を通して、引き上げて、返す。

ポイントは「ぬれ布巾」!

慌てず、落ち着いて返せるように、置き場を近くに用意しておきます。

「なるほど〜」

Nさん、焼くたびにとっても上手になっていきます!

「細く切れない〜」「そんな時は重ねる量を減らすといいわよ」とアドバイスが。

具材が揃ったら、酢飯に混ぜていきます。

飯台は濡らしてから、炊き上がったご飯を出して、

合わせた寿司酢で切るようにまぜ、具材をちらします。

一箇所にドバッとのせずに、飯台全体にちらしてから、

1/4くらいに区画をつくって混ぜていきます。

すると、具材がまんべんなく混ざるということ。

「なるほど〜」。

均一に混ざっています。ちょっとしたコツなんですね(^^)

酢水でしぼったさらし布巾をそばに置いて使うと、しゃもじや桶の米粒をはがしたり、

きれいに扱えます。

そして、今日は一人前ずつ盛り付け。美しい〜!

具材一つ一つ、ていねいに、おいしくなれ〜と思って作ると、

こんなにきれいに出来るのですね。感動。

簡単便利な混ぜるだけの調理品もあるけれど、

ていねいにつくる楽しさ、完成したときの喜びを教わりました。

そして何より、ていねいに作るとおいしい!!

鮭のでんぶもしいたけも、梅酢でつけた紅生姜も、酢蓮や人参も、

一つ一つを食べても美味しいことに、また感動です。

この日は、とろろ昆布にお湯をさしていただく簡単なお吸い物(煎ったおかかと自家製梅干し、ちりめんじゃこ、ねぎ、とろろ、醤油をひとかけ、ポットのお湯ですぐ出来るのに美味しかったです!)

ふっくらとにあがった甘いお豆、白菜と大根のつけものをいただきました。

「美味しい〜」「またやりたいなぁ」と皆の声。

一から教わって、「なるほど」と発見したことがたくさんありました。

そして、「手間がかかるから、やめておこうメニュー」が

「おいしいからつくってみたいメニュー」に変わりました。

今年のひな祭りには、ちらし寿司作ります。

また、楽しい実習したいなぁ〜。 

 I 記

友情部の集まりをご報告

2017/02/10 投稿

厳しい寒さながら気持ちの良い晴天の1日、

横須賀友の会友情部の集まりを持ちました。

日時 2017年1月27日 AM11:00~PM15:00

讃美歌 316番 302番 510番

読書 「魂の守護神」 みどりごの心より

参加者 5名 

読書「魂の守護神」は80年以上前に書かれたものにも関わらず、

現在の私たち自身の生き方に呼び掛けられるメッセージを感じました。

また、もうすぐ99歳になるKさんが

少女の頃からお好きだったという讃美歌510番を皆で歌い、

それぞれの思い出を語り合いました。

           *

 [ 讃美歌510番 ]

まぼろしの影を追いて

うき世にさまよい、

うつろう花にさそわれゆく

汝が身のはかなさ

春は軒の雨、

秋は庭の露、

母は涙乾く間なく

祈ると知らずや      

           *

 昼食は一品持ち寄り、太巻きずし、お吸い物、黒豆、芋のケーキ

ペパーミントゼリーなどが並びました。

ほぼ1年ぶりの友情部でしたが、楽しく有意義な1日でした。 

 T 記

友の会のお菓子:オレンジピールは手作りです♪

2017/02/10 投稿

2月4日。生産部の活動。旧い会員Tさんから、荷物が届きました。

中身は、お庭で採れた、立派な甘夏です。

素敵ないただきものを生産メンバーと、強力な助っ人、総リーダーKさんと、

友の家掃除で来ていたAさんが見学するなか、

みなでオレンジピールにしました♪

たくさんの甘夏をゴシゴシ洗って、4つ割りに。

皮を剥いて、袋から実を取り出します。

山になっていた甘夏をぱっぱぱっぱと、薄皮をむいて

一人では気が遠くなる手仕事も、仲間が集えば楽しい時間♪

皮むきしながら、フレッシュな柑橘の香りを吸い込んで

アロマテラピー。すっきり、さわやかな気分でした( ´ ▽ ` )ノ

大きなボールが、みずみずしい甘夏の実でいっぱいになっていきました。

こちらは皮の方。キズが入った部分と、わたの固い部分は

ていねいに取り除きます。

きれいに始末してもらった皮は大鍋の湯でいったん茹でこぼし、

さっぱり下ごしらえ完了。

いよいよ調味。

まずは大鍋に実を入れて、実の7割の上白糖を入れます。

この日は3.5キロ!

「きゃー、お砂糖、こんなに〜」という悲鳴が背後から聞こえつつ…(^_^;)

ま、これは1年分の生産のケーキに使う分を大量調理してますので

見なかったことにしていただいて (^^)

砂糖がなじんできたら、茹でこぼした皮を入れます。

そして、アクをとりながら、とろみがつくまで、コトコト。

つやがでてきました。皮だけを煮る作り方もありますが

今回の実と皮を一緒に煮込む方法だと、実のおいしいジュースが皮にも

うつるのだそう。

なるほど〜。

くたっとしてきたら、皮をひっぱりあげて、刻んでピールに。

ジュースはジャムにします。

ジャムは例会で販売され、1つゲット!

酸味と甘みと、皮のほどよい渋み、美味しいジャムでした♪

オレンジピールは、友の会で販売される

パウンドケーキやプリンセスケーキにも使われています。

友愛セールなど、機会がありましたら、みなさま、ぜひご賞味ください。

 I 記

取り入れています…こんなこと、あんなこと

2017/02/03 投稿

1月19日、南合同最寄会がありました。

久里浜最寄は、メンバーが婦人之友やかぞくのじかん、それから普段の友の会活動の中から、生活に取り入れていることを発表してみました。

Kさんは、捨てられない思い出の品々の中から、「賞状」の整理の話を紹介。

家族のすべての賞状を筒からだして、お子さん、夫、妻の分をそれぞれ分けて、小さいころのものは処分、保存しておく賞状は日付順にファイルしたそうです。

井田典子さんの講習会でも教わった「だわへし」です。

筒の中へ入っていると、中身がわからずひたすらためてしまう賞状も、

一度見直すとよさそうです。天袋のスペースがスッキリしたそうです(^ ^)

つぎはBさん。Bさんはクローゼットをだわへし!

中のものをすべて出して、部屋に広げてみました。

写真をとってファイルして、手持ちの服を管理することに。

娘さんがランドセルは捨てないでと言って、いつかミニランドセルにしようと保管していたそうですが、かなりの金額がかかるとわかり、思い切って捨てることに。

サーキュレーターは売りにだしたそう。大きな保冷バックや過去の書類やノートも処分し、すっきり。

つぎはSさん。洗剤なしでピカピカになるアクリルたわしは食器洗いはもちろん、掃除にも愛用しているとのこと。

モップの先につけたら、床もピカピカに!

お手製のアクリルたわしは、友人へ差し上げたり、学童のバザーに出品したりするそうです。プレゼントにもらったら、うれしいですね (^ ^)

Kさんは、パントリーのだわへし。

いつかしたいと思い続けていた食品庫を、整理収納アドバイザーの講習や友の会のだわへしを参考に、いざ、トライ!

分類して収納ケースに納めました。よく使う食材は中段。製菓材料や季節の道具(お重や飯台)は上段に。

ケースにラベルを貼って、探す手間も短縮、在庫もわかるからストックのだぶりがなくなったとのこと。

整理してみて初めて、水筒を持ち過ぎていたことがわかったそうです。

この後も、だわへしをあらゆるスペースで実践したいとのこと。

 I は洗濯、そうじ、予定生活について。

お古のストッキングを編んでつくるナイロンネットは繊維がやわらかく生地を傷めないので、部分洗いに愛用しています。ナイロンネットは先輩会員さん手作りのものを譲っていただきました。難しくないそうですが、編み物は苦手でして…(^_^;)

タオルを絞るより、軽い力でしっかり絞れるので、マイクロファイバークロスだと、すぐに半乾き状態になります。

そして、もう一つ。

いつもご飯作りのことで頭がいっぱいで、気ばかり焦ってしまうので

予定生活を励んでいるところです。

キッチンに立ちながら、献立も、家族の予定も、買い物リストも、あれこれ確認したり、メモしたりするには、鞄から手帳を持ってきて、開くのは面倒で…。

それなら、一番長い時間いるキッチンに、情報をまとめるのが手っとり早いと、1枚の予定表を冷蔵庫に貼ることにしました。1週間分が記入できるテンプレートを作りコピーして使います。予定を見ながら、慌ただしい日には簡単な丼ものするぞ、と決めて、予定表に書いておきます。

行事や仕事が重なったりと、忙しい時期にはとくに重宝な予定表です。

最寄の皆の暮らしぶりを垣間みて、刺激を受けた最寄発表でした。

 I 記

ドライカレー作りました。

2016/07/15 投稿

7月例会は、生産部による、ドライカレーのランチ販売がありました。

今年から生産部の新入生ということで、このドライカレー作りに初参加してきました。

キッチンに入るなり、玉ねぎの刺激で目がしばしば。

見ると、メンバーのみなさん、みんな涙目。こんな光景もちょっと楽しかったです。

大量の玉ねぎ、そして香味野菜のピーマン、セロリ、パプリカ、にんにく。

トマトも湯むきして角切り。りんごはすりおろし。レーズンは赤ワインにつけておきます。

野菜をたっぷり入れて(形を揃えて、ていねいにみじん切り)、バターとにんにくで香りを出して、じっくり炒める本格的なドライカレーは初めて作りました。

カレー粉の風味が飛ばないように、レシピの2/3量を先に炒めて、残りを仕上げに足します。なるほどー。ちょっとしたことが美味しさの秘訣。

野菜も計っているから、塩の分量もレシピ通りでバッチリ決まります。

野菜のマリネ、プルーンの紅茶煮をそえて。

会員みなで、いただきまーす!

夏の暑い日、大好評のドライカレーでした。

この美味しさが忘れられない食いしん坊のワタシ。あは。

さっそく、斎藤さんがドライカレーのレシピを送ってくれました。

10人前のレシピで作り、ストックもできました。

食材の種類も多くて、とっても手間がかかっているかと思われますが、

一度、体験していたので、最初の時の半分くらいのエネルギーで、できる気がしました。

お味は・・・「美味しいなあ♪(´ε` )」。

野菜の甘みと、スパイスの香りの良さ。いつもお子様味に合わせていて、スパイシーなものが食卓に出てこないパパにも好評。

自分で買うから、ひき肉の脂と赤身の具合も調節できますし。

けれど、子供には辛かったので、カレー粉を次回はさらに2/3にしよう!と、レシピにメモしました。カレー粉もGABANよりSBの方がマイルドなようです。

”何度も作って、我が家の味にしていけばいいのよ”と、

友の会の先輩の口からよく聞きます。

「この料理家のレシピはうちの子はダメだった」、なんて短気にあきらめるクセがありましたが、2回目は少しアレンジして、家族の好みに合うメニューになったりすると、レパートリーも増えてくるようです。

そして、冷凍庫にあの美味しいドライカレーがストックされているという、安心感と、お楽しみのヨロコビ。

かぞくのじかんの夏号も、夏休み昼ごはんのお助けメニューがたくさん掲載されていて、味付きの豚コマをストックしてみたり、冷い麺にかけるタレを作ってみたりと、すぐそこまで迫ってきた夏休みに備えています。

 I 記

光熱費のこと & 友のお庭

2016/05/20 投稿

5月19日、南合同最寄がありました。

最寄発表は開国橋最寄。光熱費の考察です。

オール電化(マンション)、電気&ガス(マンション)、電気&ガス(戸建)

建物と家族の年代、人数で光熱費は家庭様々ですが

開国橋最寄のみなさんは、必要以上のエネルギーは使わないようにと

心がけているそう。

「必要以上」というのが、ポイントで、

高齢者の熱中症、冬場の体調管理という点で

あえて冷暖房はこのくらいは使ってもOKという考え方をしているとのこと。

体調を崩して医療費をかけるより、

適切なラインで光熱費を見積もっておく。

節約情報に目がない私ですが^^;

家計簿キャリアの長い先輩方の目線に感心した次第です。

今年は「光熱費」を生活勉強のテーマにしていますが

我が家の健康的かつ無駄のないエネルギーの使い方を勉強する1年になりそうです。

そして、会の終盤には、部会のため試作されたNさんのコーヒー&アーモンドの2種のサブレ、Oさんのお土産カステラ、わかば畑のいちごをいただきました。

おいしい時間もしっかりあるのが、友の会の楽しみです。

・・・読書は婦人之友5月号「光にあゆむ」(羽仁もと子著作集「友への手紙」より抜粋)でした。

「野山のたのしい時が来た。

 天地の盛んな時が来た。

 田園に棲むものの幸福を感ずる時が来た」と冒頭にありました。

友の家のお庭でも、たのしい春の光景を見つけました。

 わかば畑のいちご

野ばらも楚々と咲いています

目に鮮やかなシラン

4月に植え付けたミニトマトに花が咲きました。

 ラディッシュを収穫。

草刈りや剪定枝の持ち帰り、苗の提供など、みなさまいつもありがとうございます。

 I 記