わかばで梅干し作り 2017/07/07 投稿

2017/07/07 投稿

6月26日、わかばクラブでは、梅干し作りを行いました。

みそ作り講習に来てくださったお客さまの熱〜いリクエストにこたえ、

小田原友の会の協力を得て、おいしい梅の実を調達させていただき、

「袋で手軽に漬けられる梅干し作り」の講習会の開催に至りました。

子ども部の係、Kさん、Nさんは、今回の梅干し講習会に

たいへん頭を悩ませたそうです。

というのも、講習会の日程が6月末と決まっているけれど

「今年は梅が早くに熟しそう!」と、小田原友の会からの連絡を受け、

「講習会まで置いておいたら梅が熟しすぎてしまう!」と、

皆で思案。 

そんな時にこころ強いのはベテラン会員。みなさんの知恵を借りながら、

講習会の前だけれど、小田原から来た梅は熟したタイミングで下漬けして

講習会の日までお世話して(Njさんが毎日天地返しに来てくれたそう!)、

お客様には、しそを入れるところの本漬けからしていただき、

小田原の梅を持ち帰っていただくことになりました。

それでも、下漬けの仕方(梅をやさしく洗って、ふいて、なりくちを竹串できれいにとったり)は横須賀で用意した、実習用の梅で、

参加者みなさんに体験していただきました。

旬の食材はタイミングが命なので、準備の難しさ、とても勉強になったとのことでした。

それでも、呑気に講習会に参加したワタシは、

梅漬けの全部の工程を、1日で見られて体験し、

あとは干すだけになった梅1キロをお土産にしてもらえるという、

とってもわかりやすく、大満足の講習会でした。

梅酢を使った紅生姜作りや、梅干しの試食もためになりました。

ただいた、我が家では、本漬けされた梅ちゃんが

土用干しを待っております。

毎日、袋を「よっこいしょ」と、天地返しをするたびに、さわやかな梅の香り。

自然の恵みがもっている香りは、なんだかワクワクしてきます。

赤紫の力強い紅色。それを眺める楽しさ、

そして、ほんのすこし手間をかけて可愛がる感じ。

手作りは楽しいものですね。

講習会に携わってくださった方々、貴重な体験をありがとうございました。

  I 記