ちらし寿司を習いました♪

2017/02/15 投稿

2月9日(木)、この日はいつもとは、趣向を変えた

お楽しみ調理実習でした♪

メンバーは子育て世代の会員6人。

そして講師は開国橋最寄の斉藤さんです。

「ちらし寿司を手作りしたことがなくて・・・」という若い世代の会員の話をきっかけに

2学期のお疲れ様をかねて、若い会員たちを誘って

斉藤さんが企画してくださいました(^^)

ひな祭りも間近に迫って、絶好のタイミングとなりました。

はじめにお花の細工の中国茶を淹れていただいて、

ほっと、体も温まったところで、実習スタートです♪

「よろしくお願いします」

この日の実習は、各自が10人前のちらし寿司の具材をつくって

持ち帰るというもの。持ち帰った具が、すぐに夕飯の献立に使えるという、

とっても有難〜い実習でした。

 一つ一つの具材の下ごしらえから、

手本を見ながら、自分たちでやってみます。

まずは味滲みに時間がかかる煮物から。

しいたけとかんぴょうを甘辛く煮ます。

かんぴょうを煮たことがない会員もいました。

「味がついたものを買っていたけど、自分でも意外と簡単!」

「ここで実習しなかったら、一生かんぴょうを煮ることなかったかも(^_^;)」の声。

つぎは、酢蓮と人参。

「人参は座りが良いように、端を少し落として下にして切ると安定するのよ」

「なるほど〜」

形を揃えれば煮上がりも美味しく美しくなります。

形が揃ってないと、同じ鍋のなかの材料でも、煮崩れてしまうものもあれば、固いものもあるというように、仕上がりが揃いません。

「形を揃えることは、料理をおいしくするために、とっても大切なこと」

と習いました。

きれいにマッチ棒の太さに揃ってます!(注:お手本の鍋です(^^;)

花レンコンも習いました。

「レンコンの穴と穴のあいだに包丁で丸く切り込みを入れるのよ。」

「かわいい〜(^^) これは子供達も喜びそう!」

「うちの子、気づくかな?」の声も (^_^;)

お手本を見て、みんなでチャレンジ。

彩りのでんぶも、鮭缶を使って今日は手作りです!

お箸4本を束ねて、炒り付けます。

ポロポロになりました。

この鮭そぼろ、とっても味が出て、ちらし寿司のおいしさを引き立てます!

まっピンクのでんぶとは、別物! ぜひ、お試しください。

青みは、三つ葉に。束ねて茹でると、あとがきれいに切り揃えられます。 

難関!錦糸卵にも挑戦!

ムラのないきれいな卵液をつくるために、さらしで濾します。

二人で息を合わせて、ねじねじ〜っ。

薄く広げて、表面が固まってきたら、ふちをはがして、菜箸を通して、引き上げて、返す。

ポイントは「ぬれ布巾」!

慌てず、落ち着いて返せるように、置き場を近くに用意しておきます。

「なるほど〜」

Nさん、焼くたびにとっても上手になっていきます!

「細く切れない〜」「そんな時は重ねる量を減らすといいわよ」とアドバイスが。

具材が揃ったら、酢飯に混ぜていきます。

飯台は濡らしてから、炊き上がったご飯を出して、

合わせた寿司酢で切るようにまぜ、具材をちらします。

一箇所にドバッとのせずに、飯台全体にちらしてから、

1/4くらいに区画をつくって混ぜていきます。

すると、具材がまんべんなく混ざるということ。

「なるほど〜」。

均一に混ざっています。ちょっとしたコツなんですね(^^)

酢水でしぼったさらし布巾をそばに置いて使うと、しゃもじや桶の米粒をはがしたり、

きれいに扱えます。

そして、今日は一人前ずつ盛り付け。美しい〜!

具材一つ一つ、ていねいに、おいしくなれ〜と思って作ると、

こんなにきれいに出来るのですね。感動。

簡単便利な混ぜるだけの調理品もあるけれど、

ていねいにつくる楽しさ、完成したときの喜びを教わりました。

そして何より、ていねいに作るとおいしい!!

鮭のでんぶもしいたけも、梅酢でつけた紅生姜も、酢蓮や人参も、

一つ一つを食べても美味しいことに、また感動です。

この日は、とろろ昆布にお湯をさしていただく簡単なお吸い物(煎ったおかかと自家製梅干し、ちりめんじゃこ、ねぎ、とろろ、醤油をひとかけ、ポットのお湯ですぐ出来るのに美味しかったです!)

ふっくらとにあがった甘いお豆、白菜と大根のつけものをいただきました。

「美味しい〜」「またやりたいなぁ」と皆の声。

一から教わって、「なるほど」と発見したことがたくさんありました。

そして、「手間がかかるから、やめておこうメニュー」が

「おいしいからつくってみたいメニュー」に変わりました。

今年のひな祭りには、ちらし寿司作ります。

また、楽しい実習したいなぁ〜。 

 I 記