友の会のお菓子:オレンジピールは手作りです♪

2017/02/10 投稿

2月4日。生産部の活動。旧い会員Tさんから、荷物が届きました。

中身は、お庭で採れた、立派な甘夏です。

素敵ないただきものを生産メンバーと、強力な助っ人、総リーダーKさんと、

友の家掃除で来ていたAさんが見学するなか、

みなでオレンジピールにしました♪

たくさんの甘夏をゴシゴシ洗って、4つ割りに。

皮を剥いて、袋から実を取り出します。

山になっていた甘夏をぱっぱぱっぱと、薄皮をむいて

一人では気が遠くなる手仕事も、仲間が集えば楽しい時間♪

皮むきしながら、フレッシュな柑橘の香りを吸い込んで

アロマテラピー。すっきり、さわやかな気分でした( ´ ▽ ` )ノ

大きなボールが、みずみずしい甘夏の実でいっぱいになっていきました。

こちらは皮の方。キズが入った部分と、わたの固い部分は

ていねいに取り除きます。

きれいに始末してもらった皮は大鍋の湯でいったん茹でこぼし、

さっぱり下ごしらえ完了。

いよいよ調味。

まずは大鍋に実を入れて、実の7割の上白糖を入れます。

この日は3.5キロ!

「きゃー、お砂糖、こんなに〜」という悲鳴が背後から聞こえつつ…(^_^;)

ま、これは1年分の生産のケーキに使う分を大量調理してますので

見なかったことにしていただいて (^^)

砂糖がなじんできたら、茹でこぼした皮を入れます。

そして、アクをとりながら、とろみがつくまで、コトコト。

つやがでてきました。皮だけを煮る作り方もありますが

今回の実と皮を一緒に煮込む方法だと、実のおいしいジュースが皮にも

うつるのだそう。

なるほど〜。

くたっとしてきたら、皮をひっぱりあげて、刻んでピールに。

ジュースはジャムにします。

ジャムは例会で販売され、1つゲット!

酸味と甘みと、皮のほどよい渋み、美味しいジャムでした♪

オレンジピールは、友の会で販売される

パウンドケーキやプリンセスケーキにも使われています。

友愛セールなど、機会がありましたら、みなさま、ぜひご賞味ください。

 I 記