ドライカレー作りました。

2016/07/15 投稿

7月例会は、生産部による、ドライカレーのランチ販売がありました。

今年から生産部の新入生ということで、このドライカレー作りに初参加してきました。

キッチンに入るなり、玉ねぎの刺激で目がしばしば。

見ると、メンバーのみなさん、みんな涙目。こんな光景もちょっと楽しかったです。

大量の玉ねぎ、そして香味野菜のピーマン、セロリ、パプリカ、にんにく。

トマトも湯むきして角切り。りんごはすりおろし。レーズンは赤ワインにつけておきます。

野菜をたっぷり入れて(形を揃えて、ていねいにみじん切り)、バターとにんにくで香りを出して、じっくり炒める本格的なドライカレーは初めて作りました。

カレー粉の風味が飛ばないように、レシピの2/3量を先に炒めて、残りを仕上げに足します。なるほどー。ちょっとしたことが美味しさの秘訣。

野菜も計っているから、塩の分量もレシピ通りでバッチリ決まります。

野菜のマリネ、プルーンの紅茶煮をそえて。

会員みなで、いただきまーす!

夏の暑い日、大好評のドライカレーでした。

この美味しさが忘れられない食いしん坊のワタシ。あは。

さっそく、斎藤さんがドライカレーのレシピを送ってくれました。

10人前のレシピで作り、ストックもできました。

食材の種類も多くて、とっても手間がかかっているかと思われますが、

一度、体験していたので、最初の時の半分くらいのエネルギーで、できる気がしました。

お味は・・・「美味しいなあ♪(´ε` )」。

野菜の甘みと、スパイスの香りの良さ。いつもお子様味に合わせていて、スパイシーなものが食卓に出てこないパパにも好評。

自分で買うから、ひき肉の脂と赤身の具合も調節できますし。

けれど、子供には辛かったので、カレー粉を次回はさらに2/3にしよう!と、レシピにメモしました。カレー粉もGABANよりSBの方がマイルドなようです。

”何度も作って、我が家の味にしていけばいいのよ”と、

友の会の先輩の口からよく聞きます。

「この料理家のレシピはうちの子はダメだった」、なんて短気にあきらめるクセがありましたが、2回目は少しアレンジして、家族の好みに合うメニューになったりすると、レパートリーも増えてくるようです。

そして、冷凍庫にあの美味しいドライカレーがストックされているという、安心感と、お楽しみのヨロコビ。

かぞくのじかんの夏号も、夏休み昼ごはんのお助けメニューがたくさん掲載されていて、味付きの豚コマをストックしてみたり、冷い麺にかけるタレを作ってみたりと、すぐそこまで迫ってきた夏休みに備えています。

 I 記