光熱費のこと & 友のお庭

2016/05/20 投稿

5月19日、南合同最寄がありました。

最寄発表は開国橋最寄。光熱費の考察です。

オール電化(マンション)、電気&ガス(マンション)、電気&ガス(戸建)

建物と家族の年代、人数で光熱費は家庭様々ですが

開国橋最寄のみなさんは、必要以上のエネルギーは使わないようにと

心がけているそう。

「必要以上」というのが、ポイントで、

高齢者の熱中症、冬場の体調管理という点で

あえて冷暖房はこのくらいは使ってもOKという考え方をしているとのこと。

体調を崩して医療費をかけるより、

適切なラインで光熱費を見積もっておく。

節約情報に目がない私ですが^^;

家計簿キャリアの長い先輩方の目線に感心した次第です。

今年は「光熱費」を生活勉強のテーマにしていますが

我が家の健康的かつ無駄のないエネルギーの使い方を勉強する1年になりそうです。

そして、会の終盤には、部会のため試作されたNさんのコーヒー&アーモンドの2種のサブレ、Oさんのお土産カステラ、わかば畑のいちごをいただきました。

おいしい時間もしっかりあるのが、友の会の楽しみです。

・・・読書は婦人之友5月号「光にあゆむ」(羽仁もと子著作集「友への手紙」より抜粋)でした。

「野山のたのしい時が来た。

 天地の盛んな時が来た。

 田園に棲むものの幸福を感ずる時が来た」と冒頭にありました。

友の家のお庭でも、たのしい春の光景を見つけました。

 わかば畑のいちご

野ばらも楚々と咲いています

目に鮮やかなシラン

4月に植え付けたミニトマトに花が咲きました。

 ラディッシュを収穫。

草刈りや剪定枝の持ち帰り、苗の提供など、みなさまいつもありがとうございます。

 I 記