わかばクラブ 芋掘り&ボタンつけ

2015/12/18 投稿

11月末日、久しぶりのわかばクラブでした。

2日間の緊張の家計会を無事乗り越えて、ホッとした,

わかばチーム。

いつものほんわかムードに戻って、子供たちとわかばクラブを楽しみました。

読書、感想を終え、お楽しみの芋掘りへ。

小学校の振り替え休日で、大きいお兄ちゃん、お姉さんも一緒、にぎやかなメンバーです。

つるがひょろ〜っと、数本。むむっ。お芋はあるのでしょうか。

しかし、男のこたち、大張り切りですっ!

「ほれっ、ほれっ!」

「わっ!出たっ!」

「ちっちゃー」

ラディッシュか、と見間違う、可愛らしさ ^^;

「こっちはどうかな?」

「おぉー。かろうじて、いもっぽい」

それにしても、不作でした。素人ながら、安納芋というむずかしい品種にしたのが

敗因か。土作り、課題ですね。努力なくして、収穫なし。反省です。

とはいえ、楽しい自然とのふれあい。記念撮影、パチリ。

そして、もう一つ、今回は特別企画。

Kさんによる、ボタンつけレッスンです。

子供たちも一緒に「やるっー」と

頑張っています。

たま結び、たま止めが裏に出ないように、そしてボタンの根元をぐるぐると巻いて

布地の厚さの分だけ高さをつけます。

美しく仕上げるコツを教わりました。

ていねいな針仕事ができるといいなーと思いました。

丈夫に縫い付けることや、裏から見ても美しい仕上がりにすることとか、

すべてが着てくれる人への細やかな心遣いだなと。

 いつもはそういうことを思って針仕事をすることがなく

(たいてい、着ていく直前にボタンがないっ!とあせってつけているため)

心静かに、縫い物をする時間がつくれたらなと感じました。

つぎはちょっと難しいとのことでしたが、ボタンホールにも

トライしよう、という声が上がりました。

そして、持ち寄りランチの時間です。

4回食の本から1品づつ選び、持参しました。

シェパーズパイ、ひじきマリネ、白菜とりんごサラダ、さつまいもとりんごの蒸しぱん。

係の方から、鶏肉の梅種煮、炒り豆腐。サラミとコールスローサラダ。

そして、

安心してください!立派なふかし芋  (^ ^)

畑のお芋は小さかったけど、係のSaさんが立派なあまーいお芋を蒸してきてくれました。

手作りのたっぷりのおかずで、大満足のランチをしました。

持ち寄りで食べた、シェパーズパイ、冬のかぞくのじかんでも紹介されていましたが

見栄えもよく、子供も好きな味。持ち寄りで食べて、美味しかったので

その後、我が家は2回作りました。

持ち寄り勉強でレパートリーがひろがり、うれしいです。

つぎのわかばはクリスマス会です。

  I 記