キャベツの調理実習 その後

2015/04/26 投稿

開国橋最寄&久里浜最寄合同の1学期の食の勉強。

三浦といえば、「春キャベツ!!」ということで、

今が旬のやわらかくて、甘い春キャベツを使った6品を習ってきました!

コールスロー、オイルマリネ、おひたし、煮物、外葉を使ったシウマイ、パスタ!

どれもシンプルなお料理なのに、シャキッと爽やかだったり、煮物のやさしい味わいだったり、オイルとの相性など、実に様々なキャベツの魅力を実感しました!

試食で「これは美味しい!」となったからには、家でも作りたくなります!

レシピだけ見ているのと、実習するのとでは、大違いですね。

私が気に入ったのは、レモンの香りがさわやかなコールスロー。

マヨネーズを入れなくても、ツナのオイルにレモンの酸味が効いていて

どんどん食べられます。

春が来たなー、という清々しいサラダです。

そして、家族に好評だったのは、キャベツとベーコンのパスタ。

これも、キャベツとベーコンとオリーブオイル、にんにく、唐辛子、塩という

シンプルな材料ですが、パスタを茹でる時の塩分濃度がポイントでした!

これさえ押さえておけば、一度で味が決まることに驚き&反省。

なんか、しょっぱいなぁ。ちょっと薄いなぁ。なんてやっているうちに

スパゲッティが伸びていることが多々ありましたので・・・。

そして、キャベツを山盛り使いますが、茹でてカサが減るため、たくさんいただけます。

ソースを煮込む手間もなく、ササッとおいしい1品が出来上がります。

(休日のランチにはもってこいのレシピです) 

で、子供に人気だったのが飾りシウマイ!!

とっても大きいですが、豆腐も入っているため、ふわっとしていて、

キャベツの外葉を敷いて蒸しあげたら、キャベツにもシウマイの肉汁がしみて

美味しいのです。

蒸し器がないので、土鍋で蒸しました。

1個の直径は5センチはあるでしょう!

このジャンボなシューマイを崩さずに取り出すには

竹串2本を箸のように持ち、シウマイの下の方に差して、

よいしょっと、すくいあげるのがポイントとのこと。

熱い蒸気に注意です。

見た目のボリューム感もありますし、切ったシウマイの皮がヒラヒラと何ともかわいいので

お客様がみえた際のおもてなし料理にも良いそうです。

今回の実習のおかげでキャベツ1玉がすぐに食べ切れます。

旬の野菜は美味しいし、栄養もあるし、お安いし♫、良いことづくめですね。

ちなみに今回の「旬のキャベツを美味しくたべましょう」のレシピは

会員向けにお分けしています。必要な方は久里浜最寄にお声をかけてください♫

キャベツの保存法も習いました。

ヘタを円錐形に包丁でくり抜き

(作業するときは安定したところで注意しながらします。)

濡らしたペーパータオルをくり抜いた穴に詰めておきます。

葉脈から水を吸って、

翌日に使うときもギュッギュッとみずみずしい

手応えを感じました。

(↑上の写真にもう1枚ペーパーを足しました。

切り口に水分がいくように濡らしたペーパーをつめます)

ちなみに使い切れないレモンは汁をしぼっておいて

冷凍保存もできるそうです。分量を大さじ1ずつなど測っておいて冷凍。

お菓子作りなどに使えます。

醤油と合わせてレモン醤油にしても美味しいとのこと。

今までは、使いかけの半端なまま野菜室の隅に追いやられ、

痛んでしまうこともあったレモンさん。もったいなかったです!

これからは丸1個をしぼって保存。料理の仕上げやサラダなどに

ちょこちょこ使うことにします!

実習の合い間には、先輩会員さんから、” コンロのついで掃除 ”の話をうかがいました。

「使ったらスグに拭いているから、25年経ってもうちのコンロはピカピカよ!」

とのこと。

なるほど〜、「ついで掃除」心がけます。

次回は夏野菜の実習、

今からとても楽しみです!

講師のsさん、開国橋最寄のみなさま、ゲスト参加してくれた方々、

ありがとうございました!

 I記