あさイチを見て‥その2「袋退治」

2015/04/08 投稿

あさイチを見て刺激を受けたKさんの充実した様子に  大いに刺激を受け(笑)、

スーパー主婦で紹介された手間の貯金にトライしてみました。

日曜の16時30分、買い物から帰って、

家族4人、4〜5日分の食材(スーパーのLL袋4つ分はあるでしょう)を

ひと手間かけて冷蔵庫へ。

包装から出す→洗う→刻む など。

小松菜、チンゲン菜を洗って刻む、水を切ってストックバックへ。

しょうがを洗って千切りとうす切りにしてバットにならべ冷凍の準備。

油あげを刻み、冷凍へ。アスパラ、トマト、人参、パプリカを洗う。

ネギを青い部分と白い部分にわけ

白いところは刻んでびんに保存。青いところは冷凍して煮豚のときに使います。

大豆を水につけて明日ゆでる準備。卵のパックや、納豆の外装をはずし、その他冷蔵品や調味料、お菓子などをしまい、ここまで、45分かかりました(汗)。

気づけば17時過ぎ。意外に時間がかかったような?

本当は肉に下味をつけて冷凍するまでしたかったのですが、夕飯準備をすることに。

そこで、今日の反省点は2つ。

流し台をスッキリさせてから始めること。洗った野菜の水を切るので、バットやザルでキッチンがいっぱいになります。次は食器かごの中もスッキリさせて作業スペースをしっかり確保して効率的にすべし。

2つ目は、袋退治やストック作りは食事準備にかからない、余裕のある時間帯にすること。

買い物から帰って、90分ぐらいあったら、お肉や魚の下準備までいけたかも。

予定を立てるときの留意点に。

   それでも、スッキリ効果を確かに感じたのは袋退治です!!

その日に買い物した容器包装のプラごみが、レジ袋Lサイズ1つ分にまとまりました。

こんなにあるんですね。

週1回の収集日まで20リットルのごみ箱1つに溜まっている我が家のプラごみは、

寄せては返す、波のよう。

上から押しても、むくむく膨らみ、

ごみを入れる度にぎゅーぎゅーしていました。

それが、買い物した日に袋退治して収集日まで別にしておけば

毎回ぎゅーぎゅーとプラごみを押し込まなくて良くなるのですね。小さなイライラが解消されて良い感じです。そして、カットした野菜をサッと鍋に入れる瞬間の自己満足。手間の貯金が習慣になったら、と思いました。

 I 記